クリニック開業支援・病院運営支援、医療器販売、メディカルサービスは広島の藤井医療器株式会社

082-545-1511 メールフォームで問い合わせる 電子メールで問い合わせる

お客様の声:池田整形外科リハビリテーションクリニック 様

院長 池田 昌樹先生
院長 池田 昌樹先生

三人の先生からすすめられて「出会う」こととなった藤井医療器さんは唯一始めから変わらず寄りそってくれた医療コンサルタントでした。その安心感は次第に「絆」へ変化していきました。

私の好きな言葉に、「縁、出会い、絆」というのがあります。もともと香川県の出身で、岡山の川崎医科大学を卒業。同附属病院の救命救急科に入局し、整形外科医になるために平成15年に広島の浜脇整形外科病院にやって来ました。全く縁もない広島で16年、多くの「縁、出会い、絆」を頂き、いつしかここ広島で父親のような地域医療で友人、知人、そして広島の人々を救いたいと感じるようになり、開業を目指す事となりました。とはいえ、もともと誰一人知り合いはいなかった私は、何から始めていいのか分からず行き詰まり、両親からは香川に帰って来ることを進められた時期もありました。そんな時、尊敬すべき先輩達から「縁」を頂いたのが藤井医療器さんでした。驚く事に、同時期に3人の先生から同じ会社を進めらて、約3年前に「出会う」事となりました。そこから私の前には、様々な医療コンサルタントが現れては消え、土地や建物の話も出ては消え、怒涛の数年間が過ぎ去りました。ただその中で唯一、藤井医療器さんは始めから変わらず、常に親身に、そして冷静に寄り添ってくれました。その安心感が、次第に「絆」へと変化していったのは自然な成り行きだったと思います。ある時はこんな事もありました。私が希望した土地のすぐ近くに某整形外科があり、そこも藤井医療器さんの関連だったそうです。その時には藤井社長から、「先生とのご縁は本当に有り難いのですが、この場所ではお手伝いができません。私達は武器屋である前に、各先生方の味方にならないとダメなんです。すみません。」と。この言葉を聞いて、心からこの会社に任せてみようと感じました。そこからは常に相談し、ほぼ全ての話し合いに立ち会ってくれました。追い込みの最後半年間は、何度電話したか分かりません。何度、来てもらったか分かりません。だたどんな時でも、笑顔で前向きにアドバイスをもらえ心強かったことを思い出します。この場を借りて、藤井社長、そして最も長い時間一緒に切磋琢磨してくれた佐藤さん、影ながら動いてくれた和田さんに感謝申し上げます。まだまだ始まったばかりで、これからもお世話になる事ばかりですが、私のクリニックが安定し評判になり、次の世代に藤井医療器さんとの「縁、出会い、絆」を与えられるようになる事が、一番の恩返しだと思って頑張りたいと思います。これからも宜しくお願いします。

実績:池田整形外科リハビリテーションクリニック様 院内の写真

このページを印刷する